悪臭ってどんな臭い?

(生ごみ・糞尿の匂い物質)

物質 比重(対空気) 水溶性 どんな臭い 
アンモニア 軽い 溶けやすい 目鼻にツーンとくる匂い
硫化水素 重い 溶けやすい 腐敗卵臭
トリメチルアミン 軽い 溶けやすい 腐敗魚臭
メチルメルカプタン 重い 溶けやすい 腐敗タマネギ臭
酢酸エチル やや軽い 溶けにくい セメダイン臭
二硫化メチル やや重い やや溶けにくい 腐敗キャベツ臭
 

生ゴミと糞尿の臭いには共通する上記の主な物質が作用しています。

これらの物質は環境庁の悪臭防止法が定める悪臭22種の代表的なものです。

よって堆肥を製造販売する場合は知事への生産業届出が必要になります。

悪臭はなんで発生するの?

有機物が微生物により分解される際どうしても発生してしまいます。

特に空気がない状態(嫌気状態)のときに嫌気発酵します。

空気がある状態(好気状態)の好気発酵のときよりも大量に悪臭を発生します。

好気状態で腐敗すると菌糸菌が広がりカビ臭がしてきます。

一般の病原細菌、腐敗に関与する細菌の多くは中温菌 であり、そのなかで大多数は35~37℃を至適発育温度としています。

悪臭を抑える手段はあるの?

○空気にさらす。

○水分を少なくする。(乾燥させる)

○10度以上にしない。

×生ゴミをクズかごには入れること出来ない。

×生ゴミ自体水分が多い。

×夏場はどうしようもない。

『一人暮らしコンポスト』はどうして悪臭を抑えるの?

◎密閉だから悪臭が拡散しません。

◎密閉だから中温で発酵を促進します。

◎密閉だから水滴が悪臭を吸着します。

◎基材に悪臭を吸着させます。

◎中温で生ごみを乾燥させます。

◎余分な水分(発酵液)を除去します。

◎好気発酵で空気にさらします。

◎清潔を保ち悪臭を出しません。

悪臭を抑えるから継続できる。

◎悪臭の拡散が無いからコバエが寄ってきません。

◎悪臭が無いから楽しみながら継続できます。